工場で使う汚水処理施設

工場から出る「産業排水(廃水)」には、水質等の排水基準が定められています。このため、それぞれの工場で産業排水を「浄化」「ろ過」した上で河川などに流されます。公共下水道施設(集合処理方式)によって、家庭排水などと一緒に浄化処理される場合もあります。
産業排水の処理には、一般に「物理的処理法」「化学的処理法」「生物化学的処理法」が採用されています。さらにはこれらを複合的に組み合わせて、経済的に行う方法もあります。また、産業排水を浄化するだけでなく、これを工場用水としてリサイクル利用する設備も開発・設置されて、環境にやさしい汚水処理施設も導入されています。

工場から出る産業排水の浄化イメージ

お問い合わせ先
群馬日化サービス株式会社 0276-31-6290

(出典:環境省ホームページ 浄化槽のひみつ
https://www.env.go.jp/recycle/jokaso/himitsu/onepoint/10.html

コメントは受け付けていません。